兵庫県がん診療連携協議会
文字の大きさ大標準
お問い合わせ トップページ

兵庫県がん診療連携協議会 議長挨拶

写真:吉村 雅裕 議長がんは、昭和56(1981)年以来わが国における死亡原因の1位であり、今や2人に1人ががんに罹患し、3人に1人ががんで亡くなる時代になりました。患者さんも年々増加の一途にあるところから、がん対策の強化を望む声が国民的な運動へと拡大し、超党派の議員立法として平成18(2006)年「がん対策基本法」が成立し、平成19(2007)年から施行されました。また、本法律に基づき、がん患者を含めた国民の視点に立って、「がんを知り、がんと向き合い、がんに負けることのない社会の実現を目指す」ために、同年に「がん対策推進基本計画」が策定されています。

「がん対策基本法」の基本理念である、がん医療水準の均てん化を推進する観点から、全国各地で「がん診療連携拠点病院」の指定が行われています。兵庫県では、平成21年4月の時点ですでに14病院が国指定の「がん診療連携拠点病院」の指定を受け、これらの病院や患者会、県医師会などの各種団体が協力して「兵庫県がん診療連携協議会」(以下、協議会)を組織しています。

また、県内での更なるがん医療水準の向上を図ることを目的として、「兵庫県指定がん診療連携拠点病院」制度を創設し、「がん拠点病院に準じる病院」として30の専門的ながん診療の機能を有する医療機関を指定しています。さらに、一般病院、診療所などの地域の医療機関と連携して、県内のどこでも安心かつ安全で質の高いがん医療が受けられるような体制を構築中です。

がん対策推進基本計画も当初の策定から5年が経過し、新たな課題も明らかになっていることから、平成24(2012)年6月に改定され、がん対策は次の第2段階に入りました。重点的に取り組むべき課題として、チーム医療の推進やがんと診断された時からの全人的な緩和ケアなどが受けられるように追加されました。

協議会では、がん診療連携拠点病院の機能として求められている、がん診療上の要件についての4部会とがんの地域連携パスWGを設置し、それぞれ検討会やセミナーを開催して、研修と情報交換を行っています。現在までに、外来化学療法、放射線治療、薬剤師セミナー、がん登録、などをテーマとして多くの参加者を集めて研修会が行われてきました。さらに、がん医療に携わるすべての医師を対象とした緩和ケア研修会も多数開催し、現在までに約1,800名の研修が修了しました。今後も県内各地で多数の研修会やセミナーを開催する予定です。協議会では、医師、看護師、薬剤師ほかの全医療スタッフがチームを組んで、患者さんの目線に立った最良のがん医療を行うよう心がけています。

がん診療連携拠点病院のもっとも大きな役割は、各地域での円滑な連携診療です。各拠点病院に設置されている「がん相談支援センター」や「地域医療連携室」を通して、近隣の病院や診療所との連携を密にし、がん患者さんの回復と社会復帰を支援しなければなりません。協議会を通して地域連携に必要な情報を共有し合い、県内のどこでも、がん患者さんが安心して納得の行く治療を受けられるよう努力して参ります。

このホームページでは、兵庫県がん診療連携拠点病院の概要や協議会の活動を紹介し、皆様のお役に立つ"がん"に関する医療情報なども提供したいと思っています。多くの皆様に、このホームページが利用されることを願っています。

今後とも皆様のご理解とご協力をよろしくお願い申し上げます。

平成29(2017)年4月
兵庫県がん診療連携協議会 議長(兵庫県立がんセンター 院長)
吉村 雅裕

ページの先頭へ戻る

兵庫県がん診療連携協議会の概要

都道府県がん診療連携拠点病院の整備指針を受けて、平成19年5月19日に兵庫県がん診療連携協議会(以下協議会)が設置され、協議会の運営を円滑に行うために幹事会が設置されました。協議会では「兵庫県がん診療連携協議会の会則」と「幹事会運営要領」の制定について審議を行い、幹事会の下に次の4つの部会が設置されました。

それぞれの部会の業務

研修教育部会

  • 抗癌剤治療、放射線治療推進のための研修の企画実施
  • 抗癌剤治療,放射線治療の専門医養成、研修計画
  • 診療支援医師の派遣調整など

情報連携部会

  • 相談支援センターの機能充実のための情報の共有化、情報提供
  • がん医療に関する情報交換
  • 地域クリニカルパスの整備など

がん登録部会

緩和ケア部会

がん地域連携部会

  • 地域連携クリニカルパスの整備
  • 拠点病院ごとの運用状況の評価
  • 病院間の情報共有推進
兵庫県がん診療連携協議会会則および幹事会運営要領
ページの先頭へ戻る

兵庫県がん診療連携協議会との共催による研究会(順不同)

県内における既存の研究会との共催については、薬剤メーカーとの共催の既存の研究会や懇話会,セミナーでも、下記の基本的な要件を満たすものは、当協議会との共催による研修会とすることで承認されました。

県内における既存の研究会との共催について
がん診療に携わる専門医師や看護師,技師などの医療チームの養成が急務とされること、県内ではすでに広範な分野で、公益的かつ主体的な研修活動が展開されていることから、薬剤メーカーとの共催の既存の研究会や懇話会,セミナーでも、下記の基本的な要件を満たすものは、当協議会との共催による研修会とすることで承認されました。
当協議会との共催による研修会の基本的な要件:
  1. 兵庫県内で開催される「がん」に関係する研究会であること
  2. 製薬会社等と共催の場合でも、規約、役員名簿、開催記録、会計報告などの運営上のルールが定められていること
  3. がん診療連携拠点病院,一般病院,診療所などの医療関係者が自由に参加できること
  4. 世話人が10名以上であり、そのうちにがん診療連携拠点病院に所属する医師が2名以上含まれていること、または代表世話人である研究会であること
  5. 各研究会の世話人会および共催者の同意が得られること
  6. 開催後にプログラム、参加人数、世話人会議事録、などの報告を行っていただくこと
兵庫県がん診療連携協議会との共催による研究会リスト
1兵庫胃がん治療研究会
2兵庫呼吸器外科研究会
3兵庫大腸癌治療研究会
4兵庫頭頸部腫瘍研究会
5兵庫乳癌チーム医療研究会
6兵庫乳腺画像診断研究会
7兵庫県肺癌懇話会
8兵庫肺癌フォーラム
9兵庫泌尿器科悪性腫瘍研究会
10兵庫県婦人科がん診療連携懇話会
11兵庫臨床腫瘍医研究会
12神戸血液病研究会
13神戸放射線腫瘍懇話会
14姫路癌治療研究会
15播但癌化学療法研究会
16播州肝・胆・膵・消化器癌勉強会
17顎・口腔腫瘍研究会
18臨床腫瘍医の会
19兵庫県食道癌研究会
20兵庫県粒子線治療研究会
21はりま緩和ケアチーム勉強会
22兵庫県放射線医会
23神戸臨床腫瘍研究会
ページの先頭へ戻る
  • がん診療連携拠点病院
  • 兵庫県がん地域連携パス
  • 兵庫県緩和ケア研修会
  • 兵庫県がん対策推進計画
  • 兵庫県がん登録情報
  • がん相談支援センター一覧
  • 関連情報リンク