兵庫県がん診療連携協議会
文字の大きさ大標準
お問い合わせ トップページ

都道府県がん診療連携拠点病院

都道府県がん診療連携拠点病院は、都道府県におけるがん診療の質の向上及びがん診療の連携協力体制の構築に関し中心的な役割を担い、地域がん診療連携拠点病院の指定要件に加えて、下記の機能を満たす必要があります。

  1. 放射線療法部門及び化学療法部門の設置と常勤の専門医を配置
  2. がん医療に携わる専門的な知識及び技能を有する医師、薬剤師、看護師等を対象とした研修の実施
  3. 地域がん診療連携拠点病院等に対する情報提供、症例相談や診療支援の実施
  4. 都道府県がん診療連携協議会を設置し、下記の事項を行う
    1. 県内のがん診療連携協力体制および相談支援の提供体制その他のがん医療に関する情報交換
    2. 県内の院内がん登録データの分析、評価
    3. セカンドオピニオンを提示する体制を有する医療機関の一覧の作成・共有と広報
    4. 県内におけるがん診療連携拠点病院への診療支援医師の派遣調整
    5. がん診療連携拠点病院が作成している地域連携クリティカルパスの一覧を作成・共有
    6. がん医療に携わる医師を対象とした緩和ケアに関する研修,その他の各種研修に関する計画作成
ページの先頭へ戻る
  • がん診療連携拠点病院
  • 兵庫県がん地域連携パス
  • 兵庫県緩和ケア研修会
  • 兵庫県がん対策推進計画
  • 兵庫県がん登録情報
  • がん相談支援センター一覧
  • 関連情報リンク